DAZN(ダゾーン)を2年間・週5日使って見た口コミ・評判・表示速度が遅いのは本当?

DAZN(ダゾーン)を2年間・週5日使って見た口コミ・評判・表示速度が遅いのは本当?

DAZN(ダゾーン)を週5日使っているヘビーユーザー


DAZN(ダゾーン)Jリーグ、チャンピオンズリーグ、プレミアリーグ、プロ野球、メジャーリーグ野球、B.LEAGUEなどの人気スポーツをLIVE放送で見放題のネットサービスです。 ライブでの放送以外にも、オンデマンドでの配信もしており、最大で30日間の見逃し配信をしているので、生放送で見れなかった試合も見逃し配信でフルで見れますし、ハイライトだけ見ることも可能です。 最近ではCMも頻繁に行なっていますし、ネット広告も強化しているのでテレビやスマホでdaznの広告を見たことがある方も多いでしょう。 とはいえ、DAZNは画質が悪い、途中で止まってしまうなどの悪い口コミ・評判もあると思うので、daznのヘビーユーザーである自分が実際のところどのようにdaznを使っているのか、画質などの実態を説明していきます。 自分はdaznがJリーグの放映を開始した2017年2月からdaznに有料課金して以来ずっと使っています。なのでdaznの使用歴は約2年で 今もJリーグ、海外サッカー、チャンピオンズリーグ、プロ野球をLIVEで見るためにシーズン中であれば週5日は使っています。 結論、DAZNによってスポーツ好きの自分の生活は本当に楽しくなりました。Jリーグは全試合見放題で、家にいない時はスマホでみれますし、試合を見に行ったら見逃し配信でその試合を再度振り返って見る、 応援しているチーム以外の試合はハイライト放送で確認、平日の夜はチャンピオンズリーグやプレミアリーグの見逃し配信を流しながら仕事をしたり、さらにいえばプロ野球の応援も楽しくできます。 野球は試合数が多いので、DAZNを使う回数は多くなりますね。 また画質やくるくるして動かないという問題に関しては、自分自身もdaznを快適に見るためにいろいろ試してきて今は快適にサッカー、野球のLIVE放送をストレスなく楽しんでいます。 DAZNに登録しようか悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

DAZN(ダゾーン)は1ヶ月の無料体験あり。まずは興味のあるスポーツの生放送をみてみましょう!


DAZNを利用するか悩んでいる方は、まずDAZNの無料体験期間を利用してDAZNを体験してみましょう。 シーズン中に無料体験をすれば自分が好きなチームやスポーツによって週にどれくらい試合があってどれくらいDAZNを使うのか実際にわかりますし、 画質や表示速度に関しても無料期間中に確認することができます。 無料期間中に、スマホ、パソコンでの表示速度や画質を確認するのは当然としてさらにいえば、テレビで見れるようにしておくべきです。 というのも、やはりスポーツは大画面で見た方が良いに決まっています。あとで詳細は述べますが、テレビで高画質で見ようとすると 自分の経験上パソコンがあるだけではなかなか厳しいからです。DAZNの口コミや評判を見てもやはりamazon fire TVを利用してDAZNを見ている人が多いですから。 1ヶ月無料体験後は月額1,750 円(税抜) が課金されますが、いつでも退会可能なので安心です。まずは無料期間でDAZNを体験してみましょう。
DAZNが中継する主なスポーツ
スポーツ 国内 海外
サッカー Jリーグ UEFAチャンピオンズリーグ、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ブンデスリーガなど
野球 プロ野球 メジャーリーグ
テニス 大坂なおみ出場試合
バスケットボール Bリーグ(B1・B2)
モータースポーツ F1、F2、スーパーカーチャンピオンシップ、AMAスーパークロス
アメフト NFL
ラグビー 欧州ラグビー、プレミアシップ、ワールドラグビーセブンズ
バレーボール V・プレミアリーグ(男・女)
この通り、DAZNでは国内国外問わず多くの種類のスポーツのライブ放送を見放題で閲覧することができます。 とはいえDAZNの加入理由で多いのはJリーグ、海外サッカー、プロ野球、メジャーリーグのファンの方達でしょう。 スカパーでJリーグを見ていた人たちJリーグを唯一放送しているDAZNに加入せざるを得ないですし。 逆にどれだけスポーツを閲覧しても同じ月額料金なので、今まであまり見ていなかったスポーツをDAZNで見るのも良い使い方と言えるでしょう。 サッカーしか見ていなかった人が野球をみる、野球しか興味のなかった人がサッカーもみてみる、新しいスポーツを好きになれるのもDAZNの魅力です。



DAZN(ダゾーン)の画質の口コミ・評判・くるくるしたり表示速は遅いのは本当?


DAZNを加入しているのか悩んでいる方が最も気にするのがDAZNの画質や表示速度のことではないでしょうか。口コミや評判でクレームのようなことを言っている人もいることにはいるので、 やはり加入するか検討段階で確認しておきたい気持ちはよくわかります。 daznを2年間使ってきた自分としては、「2018年になってからは画質や表示速はwifi環境が整っていれば何の文句もなく快適な状態!」と言い切れます。 というのも2017年DAZNがJリーグを放映し始めた頃は、試合中にくるくるして止まったり、画質が圧倒的に悪かったりとかなりストレスがたまったものです。 やはりDAZNはテレビと比較されてしまうので、電波が悪く画質が悪かったり、くるくるして止まると見ている方はイライラしてしまいます。正直自分もJリーグの開幕戦に試合が止まった時はイラっとしました。 ただ2018年になってからは画質、表示速度共にインターネット環境がある状態では安定しているので全く問題ありません。

DAZN(ダゾーン)はPC, スマホ, テレビ, ipadで視聴可能。テレビでみるのが最も快適と評判!


DAZNの無料体験に加入したらスポーツの生放送、見流し配信をすぐに見れるようなるわけですが、1つのアカウントで6つのデバイスのみ共有可能で、同時視聴可能なデバイスは2つまでとなっています。 パソコン、スマホ、タブレットで見ている方が多いと思いますが、Amazon Fire TVやApple TVを購入すればテレビでも閲覧できます。 DAZN使用歴2年の自分がおすすめするのは「Amazon Fire TVでのテレビ視聴」です。 テレビ視聴しようとしてパソコンをテレビにアダプタでつないだのですが、やはり速度がいまいちですし、試合を見ているときにパソコンでインターネットを使うとどうしても 試合中の画質や表示速度が悪くなることがあります。 ただ、Amazon Fire TVなら、Amazon Fire TVがwifi接続してdaznを見れるのでパソコンやスマホのインターネット接続に影響を受けません。 またDAZN公式では、「標準画質(720p)で楽しむなら5.0Mbps以上の回線速度、HD画質(1080p)で楽しみたいなら9.0Mbps以上の回線速度」が必要とされている。モバイルWi-Fiルーターでも十分に視聴可能な範囲の速度 DAZNでサッカーを1試合(90分)視聴する場合、おおよそ1GB程度がかかると見られていますの、携帯キャリアの容量制限に掛かり、通信速度が著しく遅くなる可能性があります。」 ですので、wifi環境にはこだわったほうがいいです。といっても一般的なポケットwifiでも十分ですので、家にwifiが通っていたり、個人でポケットwifiを使っている人は問題ないでしょう。 画質や表示速度を上げるために工夫できることとしては、wifiでの接続台数を試合中は減らすということでしょう。 wifiでスマホ、PC、Amazon Fire TVなど複数のデバイスに接続しているとやはり表示速度、画質が悪くなることもあるのでそこは注意しましょう。

DAZN(ダゾーン)によってJリーグがもっと好きになった。見逃し配信で何度も振り返れる



ここからは個人的な話になりますが、2017年のDAZN(ダゾーン)のJリーグ放映を始めた時、自分が大好きなジュビロ磐田に中村俊輔選手が加入しました。 もともとジュビロが好きでしたがそれまではJ2にいたこともあり、そこまで応援していなかったのですが俊輔の加入とDAZNでいつでもどこでもJリーグが見れるようになったことによって Jリーグへのハマり方が尋常ではないものになりました。磐田まで試合にも年に数回観に行きますし、観に行った試合は帰りの新幹線ですぐにDAZNの見逃し配信で生で観た試合をテレビ目線で振り返ります。 DAZNでは直近3試合くらいは過去の試合も観れるので、ジュビロの試合の前には過去の試合を振り返って今日はどういう戦い方をすべきか監督目線で考えたりもします。 もちろんジュビロ磐田以外の試合もDAZNでみているので、土日はずっと家でDAZNでJリーグ観戦といったところになるでしょうか。DAZNによって本当に週末が楽しくなりましたし、DAZNなしでは生活がつまらなくなるとも思っています。平日はチャンピオンズリーグや大迫、乾などの欧州で活躍している日本人選手の試合を見逃し配信で見たりします。電車の中でもスマホでDAZNで試合を見ることもよくあります。 もともとサッカー好きだからDAZNのヘビーユーザーになるのではなく、DAZNによってもっとJリーグが好きになったと言える自信があるので、今では自分の生活になくてはならないサービスです。