【無料配信】映画「空飛ぶタイヤ」の高画質フル動画!dailymotion/パンドラも

映画「空飛ぶタイヤ」の高画質フル動画の無料視聴方法・視聴可能な動画配信サービス

人気映画「空飛ぶタイヤ」の高画質フル動画を無料視聴する方法を説明していきます!
↓すぐに映画「空飛ぶタイヤ」のフル動画を無料で見たい方は動画配信サービス「U-NEXT」の 無料期間を活用しましょう!↓
なお、動画配信状況は2018年10月現在のものになります。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

映画「空飛ぶタイヤ」の高画質フル動画を無料視聴する方法・視聴可能な動画配信サービス

%e3%80%8c%e7%a9%ba%e9%a3%9b%e3%81%b6%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%80%8d%e6%9c%ac%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab

出演者・キャスト

長瀬智也
ディーン・フジオカ
高橋一生
深田恭子
岸部一徳
笹野高史
寺脇康文
小池栄子
映画「空飛ぶタイヤ」のフル動画を今すぐ無料視聴するには、日本最大級のフル動画配信サービス「U-NEXT」の無料トライアル期間を利用するのが最もオススメな方法となります。

U-NEXTの31日間の無料期間とポイントで映画「空飛ぶタイヤ」を無料視聴しよう!

U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されており、無料期間中に解約をすれば費用は一切かかりません。
また、U-NEXTを動画配信サービスの中でもオススメする最大の理由として、
無料登録時に600ポイント をもらえることが挙げられます。
U-NEXTには、「見放題作品」「ポイントレンタル作品」の2つのケースが存在します。 仮に見たい作品が「ポイントレンタル作品」の場合でも、 現在実施中の無料登録キャンペーン登録時にもらえる600ポイントを利用すれば、無料 でポイントレンタル作品を観ることが出来ます!
「空飛ぶタイヤ」を無料で視聴できるチャンスを逃さないようにしましょう!

U-NEXTの魅力は8万本のフル動画を配信、見放題!まずは無料期間でお試し

U-NEXTは邦画、洋画、国内ドラマ、海外ドラマ、韓流ドラマや、書籍、漫画、雑誌の読み放題機能もついており豊富なコンテンツラインアップで あなたの生活を楽しくするはずです。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機で動画を見ることができるので いつでもどこでも映画、動画を楽しめますし、ダウンロード機能で通信制限も防げます。
映画「空飛ぶタイヤ」以外にも無料期間であれば何作品でも視聴できるので、 自分が好きな人気俳優のフル動画をみたり、気になっていた映画を観たりと無料期間で可能な限りたくさんのフル動画を観ると良いでしょう。

映画「空飛ぶタイヤ」のあらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大…ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか――。 日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!!!

映画「空飛ぶタイヤ」の口コミ・評判・感想・レビュー

一瞬のできごとを巡る長時間のドラマに、手に汗を握らされること請け合い

「空飛ぶタイヤ」というタイトルは、一瞬のできごとがスローに見える様を想起させられます。ストーリー序盤で発生する、タイヤの脱落事故。なぜ発生したのか、何が原因だったのか?運送会社の社長である赤松徳郎と、トラックメーカーに勤める沢田悠太の攻防に、手に汗握らされること請け合いです。 運送会社にとっても、トラックメーカーにとっても、自責で事故が発生したとなれば大ごと。それぞれ社員を、その家族を、ブランドを守らなければいけません。主演の長瀬智也とディーン・フジオカの演技から必死さが伝わり、どんどんストーリーに引き込まれました。 一方で重要な要素を占めるのが、被害者の命の重み。赤松と沢田はこれと向き合わざるをえません。だけど同時に、社長として、会社の一員として、果たさなければいけない役目を負っています。矛盾した2つの感情を抱え、2人は苦しむことになります。規模は違えど、同じようなシーンにさらされることは誰しもあるのではないでしょうか。私も鑑賞中、己を振り返って考えさせられました。 だからこそ、ラストシーンは美しく、胸打たれました。「仕事は自分以外の誰かのためにするものだ」と教えられた気分でした。 池井戸作品に通ずる一発逆転の爽快さはもちろん、そこに至るまでの人間ドラマも楽しめる傑作です。

映画「空飛ぶタイヤ」は、大企業の隠蔽と事故の真実を知ろうする人々の物語

「空飛ぶタイヤ」は、走行中のトレーラーから外れたタイヤが落下し、下敷きなった女性が死亡するという、実際に起こった事故がモデルになっています。トレーラーを使用していた運送会社の整備不良が原因といわれますが、納得ができない運送会社の社長である赤松徳郎は、大手自動車会社のホープ自動車に再捜査を依頼し、自らも真実を突きとめようとします。なぜ、事故が起きたのか原因を調べてみると出てきたのは、自動車のリコール隠しでした。事故を隠蔽し、運送会社に罪をなすりつけていたのです。 物語は、中小企業対大企業に構図になっていて、最初は赤松に不利な状況ですが、会社の対応に疑問を感じたホープ自動車カスタマー戦略課課長の沢田悠太やグループ会社であるホープ銀行本店営業本部の井崎一亮が独自に捜査を始めます。会社に歯向かうものは潰されるというセオリーの通り、沢田は左遷されます。赤松の事故の真相を知りたいという思いが、沢田や警察を動かします。ホープ自動車が隠蔽をしようとすればするほど、事故の被害者の家族のやり場がない怒りや悲しみが浮き彫りになってきます。 「空飛ぶタイヤ」の原作は、池井戸潤さんの社会派小説です。原作があるものというのは、読者のなかで登場人物のイメージが固まってしまうという傾向がありますが、長瀬智也さんは、突然容疑者扱いをされてしまう赤松の苦しみや従業員を信じ、真相を突きとめようとする思いが演技を通して伝わってきました。ディーン・フジオカさんは、沢田悠太が持つエリート特有の嫌味を上手く表現しており、原作のイメージ通りともいえます。この物語は、誰もが事故の被害者にも加害者にもなる可能性があり、事件に巻きこまれることがあると見る者に訴えているように感じました。

実話に基づいた事件か事故なのかを解明するヒューマンストーリー

「空飛ぶタイヤ」は、三菱自動車のリコール隠し事件が元になった、実話に基づいた作品です。以前から池戸潤さんの作品は好きで本でも実写化でも常に見ている中で、いつも思うことがあります。それは、タイトルが魅力的だということです。「空飛ぶタイヤ」というタイトルからは、想像できないストーリーが繰り広げられています。冒頭は、赤松運送会社のトラックのタイヤが脱輪し、歩道を仲良く歩いていた親子の母親にタイヤがぶつかり死亡してしまうといった悲しくもあり、自分自身が遭遇してもおかしくない場面から始まるので、ここでぐっと心が動かされ、画面に吸い込まれます。原作の本を読んだのち、映画を見ると、主人公の赤松徳郎社長の役が長瀬智也さんというセッティングには、ちょっとかっこよすぎないかな?っと首をかしげましたが、長瀬さんの情熱的な演技で、脱輪事故の原因解明に正々堂々と取り組んでいく熱量には、「頑張れ」と応援する気持ちが湧いていきます。内容の中で、赤松徳郎社長が事故の真相を確かめるために、脱輪したタイヤを作っているホープ自動車に何度も調査を要求します。そこに課長として在籍しているのが、沢田悠太を演じるディーン・フジオカさんです。調査を進めていく中で、社内で隠されている真実の存在に気付き、沢田悠太は会社を守るのか、己の正義を信じるのかで試行錯誤します。社会を動かしている大企業に立ち向かうのか、上司から言われる理不尽な要求をのむのか、会社の隠ぺいをあばくのか、己の正義を貫くのか、一人の人生や会社の将来をかけた決断がその後を左右する、人の感情に訴えかける、見どころ満載のヒューマンストーリーです。

これぞ池井戸潤の作品という面白さ!

空飛ぶタイヤは、長瀬智也が演じるトラックの運送会社の社長赤松徳郎が、ディーン・フジオカの演じる沢田悠太が所属する大手自動車会社に立ち向かっていくストーリーです。高橋一生も出演していて、豪華なキャストも魅力の1つです。公開してすぐに映画館で見ましたが、すごく面白かったです。中小企業が大企業に立ち向かっていく、というストーリーは池井戸潤作品の定番だと思いますが、いろんな俳優さんの演技力も高くて見応えがありました。それぞれに背負うものがあり、戦っていく姿がとても魅力です。「もし自分がこの人の立場だったらどうするだろう?」と感情移入しながら見ていました。 大手企業に所属していると、自分の保身のためだったり、出世のためだったり様々な理由から不正を見過ごそうと思ってもおかしくないですが、そんな中でも正義感を抱くディーンフジオカや高橋一生がすごくかっこよかったです。長瀬智也がかっこよすぎて「中小企業の社長役は無理があるかな…」と序盤は思っていましたが段々と気にならなくなりました。長瀬智也が「中小企業をなめんなよ!」と言うシーンが特に好きでしたね。かっこ良いですし、グッときました。映画も見ましたがまたDVDでも見たいなあと思える作品でした。

それぞれの立場で闘う男たちに

空飛ぶタイヤは、池井戸潤の大ベストセラー小説を映画化したものです。池井戸潤の初の映画化作品であったこともあり、2018年6月の公開時には高い関心を集めました。運送会社での脱輪事故と、その事故がきっかけで公になっていく真実が描かれている作品です。ある晴れた日の午後、赤松運送のトラックのタイヤが突然外れ、そのタイヤが通行人に当たり死亡してしまいます。赤松運送の社長である赤松徳郎(長瀬智也)は、警察から整備不良を一方的に疑われ、世間やマスコミからも激しい非難を受けます。しかし、自社の無実を信じる徳郎は、妻の史絵(深田恭子)や社員たちの支えを糧に、独自調査を始めるのです。 車両自体の欠陥を疑う徳郎は、製造元のホープ自動車へ再調査を求めます。ホープ自動車側の責任者が、沢田悠太(ディーン・フジオカ)です。事故を起こした運送会社と、車両を製造した自動車メーカー、はたしてどちらに非があるのでしょうか。いろいろと考えさせられることがあり、とても見ごたえのある作品です。大企業と中小企業の対決、遺族との関係、世間からのバッシングなど。なかなか重たいテーマではありますが、視聴後の気分はわりとスッキリする感じです。男性のほうが、より共感できる作品だと思います。

動画配信サービスで映画「空飛ぶタイヤ」のフル動画が観れる!

「空飛ぶタイヤ」をPandora、Dailymotionなどの違法動画のアップロード配信で見るのは危険

パンドラ・デイリーモーション・ミオミオといった動画アップロードサイトでも映画「空飛ぶタイヤ」 の動画を無料で見られることはあります。しかし、パンドラ・デイリーモーション・ミオミオといった違法アップロードサイトでは、 低画質、低温室でストレスを感じやすくスマホやPCがウイルス感染する恐れのある広告が表示されることがあるというデメリットがあるため、 違法アップロードで映画「空飛ぶタイヤ」を見るのはおすすめできません。 近頃は韓国のパンドラTVへ違法アップロードをしたとして逮捕された事例も出ていたりと、年々規制や監視は厳しくなってきています。 動画配信サービスを利用して、映画「空飛ぶタイヤ」のフル動画を高画質で閲覧しましょう。

映画「空飛ぶタイヤ」のフル動画を無料で見るなら動画配信サービス

長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳が出演する2018年公開の空飛ぶタイヤのフル動画を、 TSUTAYA TV、U-NEXTに無料登録すれば、動画配信サービスの無料期間を利用して 高画質で見ることができます。主演の長瀬智也、ディーン・フジオカが好きな方や、空飛ぶタイヤを見ようと思っていたけれど 見逃してしまってまだフルで観ていない方はVOD(動画配信サービス)の無料期間を有効活用しましょう。