【無料配信】ドラマ「アンナチュラル」の高画質フル動画!dailymotion/パンドラも

ドラマ「アンナチュラル」の高画質フル動画の無料視聴方法・視聴可能な動画配信サービス

人気ドラマ「アンナチュラル」の高画質フル動画を無料視聴する方法を説明していきます!
↓すぐにドラマ「アンナチュラル」のフル動画を無料で見たい方は動画配信サービス「Paravi」の 無料期間を活用しましょう!↓
なお、動画配信状況は2018年10月現在のものになります。最新の配信状況は Paraviサイトにてご確認ください。

ドラマ「アンナチュラル」の高画質フル動画を無料視聴する方法・視聴可能な動画配信サービス

51j7coaoxhl

出演者・キャスト

石原さとみ
井浦新
窪田正孝
市川実日子
池田鉄洋
竜星涼
小笠原海
飯尾和樹
ドラマ「アンナチュラル」のフル動画を今すぐ無料視聴するには、日本最大級のフル動画配信サービス「Paravi」の無料トライアル期間を利用するのが最もオススメな方法となります。

Paraviの1ヶ月の無料期間でドラマ「アンナチュラル」を無料視聴しよう!

Paraviは初月のみ無料体験が可能で、無料期間中に解約をすれば費用は一切かかりません。
Paraviで自分が好きな映画、ドラマ、アニメが見られるのかを確認することが必要ですし、2週間の無料期間の中で土日にParaviを使うのか、 平日の仕事帰りに使うのか、移動時間に使うなど、Paraviの使い方も検討してみると良いでしょう。
Paraviの1ヶ月の無料期間が終わると、月額925円(税抜)で、見放題のサービスがそのまま継続されます。 Paraviに月のどのタイミングで登録しても課金金額は変わらないので、ご安心ください。 まずはParaviで、「アンナチュラル」を見てみましょう。

Paraviの魅力は映画・ドラマが見放題!まずは無料期間でお試し

Paraviは邦画、洋画、国内ドラマ、海外ドラマ、韓流ドラマが見放題で、豊富なコンテンツラインアップで あなたの生活を楽しくするはずです。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機で動画を見ることができるので いつでもどこでも映画、動画を楽しめますし、ダウンロード機能で通信制限も防げます。
ドラマ「アンナチュラル」以外にも無料期間であれば何作品でも視聴できるので、 自分が好きな人気俳優のフル動画をみたり、気になっていた映画を観たりと無料期間で可能な限りたくさんのフル動画を観ると良いでしょう。

ドラマ「アンナチュラル」のあらすじ

石原さとみ主演。「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマを中心に、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明する法医学ミステリー。 主演・石原さとみ×脚本・野木亜紀子。日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台に、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく1話完結型の法医学ミステリー。UDIラボで働く面々には井浦新、窪田正孝、市川実日子、松重豊ら演技派俳優が顔をそろえる。

ドラマ「アンナチュラル」のエピソード一覧

1話

法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所=通称UDIラボでは、全国で発見された異状死体や犯罪死体を引き受け、その遺体を解剖し、死因を究明している。そんなある日、中年夫婦がUDIを訪ねてきた。突然死した息子・高野島渡(野村修一)の死因に納得がいかないという。警察医の見立てでは「虚血性心疾患」(心不全)だが、ミコトたちが解剖をしてみると心臓ではなく急性腎不全の症状が見つかる。早速、薬毒物死を疑い詳細な検査にかけるが、死因となった毒物がどうしても特定できない。そんな折、高野島の同僚女性が原因不明の突然死を遂げていたことが判明する。死因を究明すべく高野島のアパートでミコト、六郎(窪田正孝)、東海林(市川実日子)が調査をしていると、高野島の婚約者・馬場路子(山口紗弥加)が現れる。馬場の仕事は、なんと劇薬毒物製品の開発。馬場が、もしまだ誰も知らない未知の毒物、すなわち「名前のない毒」を開発していたとしたら・・・。これまでの毒物鑑定システムでは「名前のない毒」を検出できない。完全犯罪が成立するのだ。悠然とほほ笑む路子に、ミコトたちはどう立ち向かうのか?

2話

ミコト(石原さとみ)らUDIメンバーは警察の依頼により、集団練炭自殺の現場に出向く。そこには4人の遺体があり、刑事の毛利(大倉孝二)は事件性がないと主張するが、ミコトは解剖することを決める。解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定された。ところが、1人の少女の死因は"凍死"であることが判明。さらにその少女の胃の中から、解読不可能なダイイングメッセージが発見される。間違いなく事件であると確信したミコトらUDIメンバーは、所長の神倉(松重豊)に止められながらも、身元不明の少女が残したメッセージの意味を必死で解読しようとする。そんな中、ある理由から突然ミコトは六郎(窪田正孝)を温泉に誘う。温泉地へと向かったミコトと六郎は、驚くべき事実を突き止める。

3話

ミコト(石原さとみ)は半年前に発生した"主婦ブロガー殺人事件"の裁判に、代理証人として出廷することになる。被告は被害者の夫の要一(温水洋一)。殺害の動機は、妻からの精神的DVによるものだと罪を認めていた。しかし裁判で証拠として提出された包丁が本当の凶器ではないことに気づいたミコトは、凶器の矛盾を指摘。それを聞いた要一も、一転して無実を主張する。裁判は大混乱になり、検事の烏田(吹越満)はミコトに激怒。検察を敵に回すと警察庁からUDIへの補助金にも影響があるのではと所長の神倉(松重豊)が心配する中、ミコトは事件の真実を明らかにするため再び法廷に立つことを決意する。有罪率99.9%のやり手検事とミコトの法廷バトルが始まる!

4話

ある日、ミコト(石原さとみ)の義母・夏代(薬師丸ひろ子)がUDIラボにやって来た。バイクの自損事故で亡くなった佐野(坪倉由幸)の死因を究明してほしいというのだ。佐野には妻と子どもが2人いたが、バイクの任意保険が切れていた上に生命保険にも加入しておらず、妻の可奈子(戸田菜穂)は子ども2人を抱えて途方に暮れていた。夏代が佐野の勤務状況を確認するため職場であるケーキ工場に行くと、工場長の松永(春海四方)は勤務状態に問題はないと、過労による事故死を否定。さらには、「乗っていたバイクが故障していたのでは?」と責任転嫁する始末。そんな中、ミコトは中堂(井浦新)と木林(竜星涼)が車で出かけていく現場に遭遇。2人はいったいどこへ向かったのか?ついに中堂の秘密が明らかに・・・!?

5話

UDIラボの所長・神倉(松重豊)に中堂(井浦新)の過去を問い詰めたミコト(石原さとみ)は、8年前、中堂が恋人の他殺体を解剖したことを知る。そんなある日、UDIラボに青森からご遺体が届く。解剖を依頼してきたのは鈴木巧(泉澤祐希)で、妻の死因を調べて欲しいという。海に飛び込むところを目撃した人がいたため警察は自殺と判断したが、鈴木は妻が自殺をするはずがないと断言。早速、解剖に取り掛かるミコトたちだったが、葬儀社の木林(竜星涼)が血相を変えてUDIへやって来る。なんと、鈴木が持ち込んだのは葬儀場から盗んだご遺体だったのだ。つまり執刀医のミコトは、死体損壊罪という大罪を犯したことになり・・・。

6話

高級ジム主催の合コンパーティーに参加した東海林(市川実日子)は、翌朝見覚えのないホテルのベッドで目を覚ます。隣を見ると、昨夜のパーティーに参加していた権田原(岩永洋昭)が死んでいた・・・!混乱した東海林は、ミコト(石原さとみ)をホテルに呼び出す。店を出た後の記憶がまったくないという東海林だが、ミコトは権田原の遺体を見てあることに気付く。一方、UDIでは中堂(井浦新)と六郎(窪田正孝)が道端で突然死した男性の解剖を行っていた。偶然にも、その男性と権田原の意外なつながりが判明。警察は連続殺人事件とみて捜査を始めるが、犯人に疑われているのは東海林だった。中堂は「警察の任意同行に応じると殺人犯にされる」と、東海林に逃げるよう促す。ミコトらUDIメンバーは、東海林の容疑を晴らすべく死因究明に奔走する。

7話

ある日、ミコト(石原さとみ)の携帯に「これを見たら電話をください」と謎のリンクアドレスが貼られたメールが届く。差出人は、予備校で働く弟・秋彦(小笠原海)から紹介された法医学に興味を持つ高校1年の男子生徒だ。ミコトがアドレスをクリックすると、「殺人者S」と名乗る学生が、自分が殺したというYの遺体を「殺人実況生中継」としてライブ配信していた。殺人者Sはミコトに対し、「Yくんの死因はなんでしょう?」と挑戦状を叩きつける。もし答えを間違えたら、人質になっているXも殺すという・・・。中堂(井浦新)は挑発に乗るなと止めるが、ミコトはSの勝負に乗ることに。

8話

雑居ビルで火災が発生し、UDIラボに10体もの焼死体が運ばれてくることに。遺体は黒く焼け焦げていて、全員が身元不明の状態。ミコト(石原さとみ)らUDIメンバーは次々と解剖を進めていくが、身元判明は困難を極める。そんな中、ミコトは9番目の遺体が焼死する前に後頭部を殴られていた可能性があることを発見。腰にはロープで縛られていたような皮下出血も見つかり、単なる火災ではなく殺人を隠すための放火だったのか?と疑念を抱く。また火災現場で唯一助かった男がいることも判明。その男が入院していたのは、六郎(窪田正孝)の父・俊哉(伊武雅刀)が勤める病院だった。俊哉はUDIを訪ねてきて、男の病状を伝えるとともに、息子を解雇してほしいと申し出る。

9話

火事のあった雑居ビルの隣家から若い女性の遺体が見つかった。現場に向かったミコト(石原さとみ)と六郎(窪田正孝)、東海林(市川実日子)は、その遺体の口の中に赤い金魚にみえるアザを発見。8年前に殺された中堂(井浦新)の恋人・夕希子(橋本真実)にも同様のアザがあり、犯人へつながる証拠でもあった。UDIラボの面々はどのようにして遺体の口の中に赤い金魚のアザができたのかを警察に伝えるが、毛利(大倉孝二)は過去の3件の事件とは関連性がないと主張。連続殺人事件の可能性も否定し、赤い金魚は正式な証拠にはならないという。そんな中、週刊ジャーナルの記事に不審な点を発見した神倉(松重豊)は、UDIラボの内部に編集部とつながっている人物がいるかもしれないとミコトと中堂に伝え、注意を促す。

10話

中堂(井浦新)の恋人・夕希子(橋本真実)をはじめ、複数の女性を殺害した疑いのある高瀬(尾上寛之)が警察に出頭してきた。しかし、遺体損壊は認めたものの肝心の殺害については否定する。殺人を立証できる証拠もなく、ミコト(石原さとみ)たちは歯がゆさを感じながらも、高瀬を殺人罪で裁くために検証を続ける。そんな中、六郎(窪田正孝)がUDIの情報を週刊誌に売っていたことがメンバーに知られ、UDIに崩壊の危機が訪れる・・・!

ドラマ「アンナチュラル」の口コミ・評判・感想・レビュー

不自然死事件の解明と、登場人物たちの過去の謎を追うドラマです。

アンナチュラルは、不自然死究明研究所という架空の研究機関を舞台にした物語です。人の死を扱うという物語の性質上シリアスな展開があり、米津玄師さんのエンディングが流れる頃には毎回涙腺が緩んでしまいました。事件ものといっても、いつも主人公が完全勝利のスカッとする話ではなく、逆に事件の謎は解けたのに遣り切れないというラストも多かったです。そこがリアルだったり、登場人物の心情が丁寧に描かれていてついつい感情移入してしまったりと、色々と考えさせられるドラマでした。重くなりそうなドラマですが、研究所の人達はとても個性的でクスッと笑える箇所もいっぱいです。石原さとみさん演じる三澄ミコトは過去のある事件の生き残りで執刀医という役所でしたがとても等身大の女性らしく、ままならないことを抱えながらも前に進んでいく姿が魅力的でした。井浦新さん演じる中堂系は初めは謎が多く横暴な人物ですが、最終話に向け少しずつ彼の行動の意味が分かってくるととても愛おしい人物になりました。毎回の新たな事件と研究所の人たちが抱える過去が絡み合って、一話ずつの事件ものとしても連続ドラマとしても楽しめます。個人的には市川実日子さん演じる同僚と三澄ミコトとのやり取りが好きでした。

身近ではない職業をわかりやすく知ることができるドラマ

第96回ザテレビジョンドラマアカデミー賞や、東京ドラマアウォード2018など様々な場所で多数の受賞をしているアンナチュラル。私も大好きなドラマの1つです。 石原さとみさん演じる三澄ミコトはUDIラボに勤める法医解剖医。法医解剖医とは想像はできるかもしれませんが、他のドラマなどでも解剖医の方は出てくることはあっても実際どういうことをやっているのかは私は詳しくは知りませんでした。 解剖医の方がどのような仕事をこなしつつ、またどのようなことに詳しいといったようなことや、それにまず不自然な死による解剖が行われるという解剖数が少ないということもわかります。 お仕事ドラマの括りではあると思いますが、至って普通のオフィスの日常から、解剖に向かう姿、事件に巻き込まれたり緊迫した状況など多彩に展開され1時間がとても短く感じられる作品でどんどん次の話が気になっていきます。 またミコトが所属しているUDIラボのメンバーも井浦新さん演じる中堂系をはじめ窪田正孝さんや市川実日子さん、松重豊さんなど実力派の出演者のみなさんが揃っていて、他にも周りを固める出演者の方ももちろん素敵で実力派の方がとても多く会話のテンポもよく見ていてとても心地いいです。 取り扱っている事件の内容もとても濃いものが多くまた色々考えさせられることもあるドラマなので私はとてもおすすめしたいドラマです。

すべての伏線が回収された瞬間、鳥肌か立つほどの面白さ

アンナチュラルは一般的な法医学を扱ったドラマとは一線を画している作品です。なぜなら、全ての回において焦点が当たるのは、「故人の死因」のみだからです。殺人事件の被害者を解剖する際でも、犯人がなぜこの犯罪を犯したのか、などという動機には一切触れません。このドラマにおいて重要なのは、「何が原因で亡くなったのか」だけです。法医学者が犯人を見つけるなどということは描かれていないにも関わらず、毎回スリリングで、時には号泣してしまうことも。石原さとみさん演じる三澄ミコトは、幼い頃に起きた一家心中事件の生き残り。井浦新さん演じる中堂系は自らの愛する人の命が何者かによって奪われ、その犯人をずっと探し続けている。この二人は性格こそ全く違えど、抱えている「不条理な死」に対する強い想いは同じで、回を追うごとに共鳴し合っていくのはとても面白かったです。表の主人公は三澄ミコト、裏の主人公は中堂系でした。そしてこのドラマの面白さは、何と言っても綿密に練り込まれた脚本。最終回、一話から登場していた伏線の全てが回収された瞬間はまさに鳥肌もの。会話の随所に隠された伏線、そしてその回収の鮮やかさはお見事の一言。見終わってすぐに、もう一度初回から見たくなります。ミコトや中堂さん以外のキャラクターも個性豊かで最高でした。もちろん、言わずと知れた主題歌Lemonの歌詞も流れるタイミングも秀逸。脚本・キャスト・演出・音楽、全てが完璧なドラマです。

特徴のあるタイトルと対象的な存在が面白い

アンナチュラルは石原さとみが三澄ミコトという女法医学者を演じた人気サスペンスドラマです。これは今までのサスペンスドラマとは少し違い、犯人が二転三転するだけではなく、悲しい偶然やささいなきっかけが元で殺人が起こり、それを法医学で解決していくというのがいいです。特に良かったのが井浦新が演じている中堂系です。恋人を殺され、その恋人の遺体を解剖したという経緯を持つ男性ですが、少しずつ仲間たちに心を開いていく姿はぐっとくるものがありました。 また、アンナチュラルの特徴は独特のタイトルだと思います。それぞれの回に特徴のあるタイトルがついているのが面白いです。そのタイトルがドラマの伏線になっていたり、視聴者の印象に残るようなものになっているのですが、それを考察するのもとても楽しかったです。なにより、このドラマで考えたのは、「生きているものがどのように生きるのか」ということです。死んだものと生きているもの、対象的な存在ですが、そこから何を感じ取り、どうやって今後生きていくのかをしっかりと考える必要があると思いました。石原さとみと井浦新が演じる役も対象的な意味を持っていることが最後まで観るとよくわかったので、また観たいと思えるドラマでした。

最後まで気を抜かずに観て欲しい

法医学をベースにしたドラマは多いのですが、その中でも群を抜いて面白いと言えるのが「アンナチュラル」。石原さとみさん演じる三澄ミコトがとても魅力的。サッパリした雰囲気を持っているのに関わらず、法医学の事になるととても情熱的なところに注目して観てもらいたいです。中堂系役の井浦新さんとの掛け合いもとても良く、好意というものが根底にあるからなのかもしれませんが、力になりたいというミコトの決意を感じさせてくれます。 「アンナチュラル」は基本的に一話ごとに一つの事件を題材にしているオムニバス形式なのですが、最後の最後まで気を抜かず見るべき作品です。途中で、問題解決したように見えるシーンがあるのですが、その山場を越えた後、さらにもう一つの山場が来ます。最初の山場で終わればそこまで面白い作品とは言えませんが、この最後の最後まで結果が分からないという部分がこのドラマの面白さでもあると思います。魅力的なキャラクターがとても多い上に、チームとしても素晴らしい関係性でテンポの良い掛け合いがとても心地良いドラマです。良きタイミングで米津玄師さんの歌がかかるので、音楽も相まって感情を揺さぶられること間違いなしです。

動画配信サービスでドラマ「アンナチュラル」のフル動画が観れる!

ドラマ「アンナチュラル」の最新ニュース一覧・出演者情報

「アンナチュラル」をPandora、Dailymotionなどの違法動画のアップロード配信で見るのは危険

パンドラ・デイリーモーション・ミオミオといった動画アップロードサイトでもドラマ「アンナチュラル」 の動画を無料で見られることはあります。しかし、パンドラ・デイリーモーション・ミオミオといった違法アップロードサイトでは、 低画質、低温室でストレスを感じやすくスマホやPCがウイルス感染する恐れのある広告が表示されることがあるというデメリットがあるため、 違法アップロードでドラマ「アンナチュラル」を見るのはおすすめできません。 近頃は韓国のパンドラTVへ違法アップロードをしたとして逮捕された事例も出ていたりと、年々規制や監視は厳しくなってきています。 動画配信サービスを利用して、ドラマ「アンナチュラル」のフル動画を高画質で閲覧しましょう。

ドラマ「アンナチュラル」のフル動画を無料で見るなら動画配信サービス

石原さとみ、井浦新、窪田正孝、市川実日子、池田鉄洋が出演する2018年公開のアンナチュラルのフル動画を、 paravi、TSUTAYA TV、amazonビデオ、dTV、U-NEXT、ビデオマーケットに無料登録すれば、動画配信サービスの無料期間を利用して 高画質で見ることができます。主演の石原さとみ、井浦新が好きな方や、アンナチュラルを見ようと思っていたけれど 見逃してしまってまだフルで観ていない方はVOD(動画配信サービス)の無料期間を有効活用しましょう。