【無料配信】ドラマ「アイムホーム」の高画質フル動画!dailymotion/パンドラも

ドラマ「アイムホーム」の高画質フル動画の視聴方法・視聴可能な動画配信サービス

人気ドラマ「アイムホーム」の高画質フル動画を視聴する方法を説明していきます!
↓すぐにドラマ「アイムホーム」のフル動画を見たい方は動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」 を活用しましょう!↓
なお、動画配信状況は2018年10月現在のものになります。最新の配信状況は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVサイトにてご確認ください。
※30日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外です。

ドラマ「アイムホーム」の高画質フル動画を視聴する方法・視聴可能な動画配信サービス

31xeihwjz8l

出演者・キャスト

木村拓哉
上戸彩
水野美紀
及川光博
西田敏行
田中圭
鈴木浩介
吉本実憂
ドラマ「アイムホーム」のフル動画を今すぐ視聴するには、日本最大級のフル動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」を利用するのが最もオススメな方法となります。

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVでドラマ「アイムホーム」を視聴しよう!

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVは初月のみ無料体験が可能で、無料期間中に解約をすれば費用は一切かかりません。
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVで自分が好きな映画、ドラマ、アニメが見られるのかを確認することが必要ですし、2週間の無料期間の中で土日にTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVを使うのか、 平日の仕事帰りに使うのか、移動時間に使うなど、TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVの使い方も検討してみると良いでしょう。
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVの1ヶ月の無料期間が終わると、月額933円(税抜)で、見放題のサービスがそのまま継続されます。 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVに月のどのタイミングで登録しても課金金額は変わらないので、ご安心ください。

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVの魅力は映画・ドラマが見放題!まずは無料期間でお試し

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVは邦画、洋画、国内ドラマ、海外ドラマ、韓流ドラマが見放題で、豊富なコンテンツラインアップで あなたの生活を楽しくするはずです。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機で動画を見ることができるので いつでもどこでも映画、動画を楽しめますし、ダウンロード機能で通信制限も防げます。
ドラマ「アイムホーム」以外にも無料期間であれば何作品でも視聴できるので、 自分が好きな人気俳優のフル動画をみたり、気になっていた映画を観たりと無料期間で可能な限りたくさんのフル動画を観ると良いでしょう。

ドラマ「アイムホーム」の口コミ・評判・感想・レビュー

あなたは一番大切にしていることは何ですか、と問われるドラマです。

主人公の家路久が、爆発事故に巻き込まれて記憶を失ったところから物語がスタートします。失った記憶を取り戻しながら、家族とは、仕事とは、自分とはを考えていきます。記憶を失ってから妻と息子の顔が仮面に見え、少し不気味な雰囲気があり、何で仮面をしているのか、主人公がどういう人だったのか、過去に何があったのかなど、推理をしながら見ていく要素があり面白いです。このドラマは、人生の中で人は何を一番に優先させるべきなのかを考えさせてくれます。また、家族をはじめ会社の人たちなど、周りの人たちの主人公に接する態度を見ていると、過去の行いがその後も尾を引き、いずれは自分に返ってくる様子が描かれていて、考えさせられました。主人公を応援したいけど、過去のことを思うと素直に応援できなくなったり。ドラマのこのような展開に夢中になりました。 木村拓哉さんが、昔と今の自分を上手く演じ分けていたのも印象的です。主人公が真実を知り、徐々に人として成長していく様子や表情の変化が描かれ、それを見事に表現しています。個人的には、この主人公の成長には心が温まりました。また、主人公の妻、家路恵を演じる上戸彩さんは、感情をあまり表に出さない優しい奥さんで、影のある感じの演技がぴったりでした。

家族や夫婦について問いかけるスリリングなホームドラマ

「アイムホーム」は、石坂啓の漫画を実写化したドラマです。スリリングな展開が続くホームドラマですから、家族や夫婦の在り方について見つめ直すきっかけになります。「アイムホーム」の主役・家路久を演じているのは、幅広い年代の女性から支持されている木村拓哉です。若い頃からアイドルとして活躍しており、俳優として数多くのテレビやドラマに出演してきました。その木村拓哉が記憶喪失の役をするのですから、初回から引き込まれました。しかも、家族について何も思い出せないのですから、とても切ないストーリーです。自分の症状に戸惑う様子を、木村拓哉は上手に演じていました。 また、家路久の妻・恵の役を演じた上戸彩は、実力派の女優として定評があります。しかも、ゴージャスな雰囲気がある美女ですから、資産家の娘であり、エリートサラリーマンの妻という役はぴったりだと思いました。記憶喪失になった夫に対して、献身的な態度を見せますが、苦悩が垣間見えるところが健気に感じられます。このドラマは家族の絆を問うだけではなく、自分探しの側面もあります。記憶を失う前の足跡を辿ることによって、自分がどんな人間だったのかを自覚します。とても見ごたえのあるドラマでした。

本当の自分

「アイムホーム」は、家族とは何か、本当の自分とは一体何なのかを考えさせられるドラマでした。記憶喪失により、離婚した事も再婚した事も忘れてしまった家路久は、驚くべき現実に直面します。妻の顔にも息子の顔にも仮面がついているのです。表情が読めず苦悩する久ですが、自分なりに必死に家族を理解しようとします。そして、記憶を失っていた空白の時間。久は冷酷で冷たい人物だったようなのです。回を重ねるごとに記憶を取り戻していく久の姿に、まるで開かなかったドアの鍵をやっと見つけたような気持ちでした。 次は一体どんな鍵が開くのかと楽しみになっていく展開にワクワクしましたが、 同時にこのドアは開けても良いのだろうかとも思わせる内容になっていきました。特に、久が再婚した理由や息子を無理矢理幼児教室に通わせたり、久にとっては信じられない過去が出てきて、かなりショックでした。でも、久はドアを開け続けました。例え、知りたくなかった過去の自分とも向き合い続けたのです。冷酷な久と穏やかな久をナチュラルに演じ分けた木村拓哉さんの存在感のある演技力と、久の妻である家路恵を演じた上戸彩さんの健気な演技が作品にどんどん惹き込んでくれました。久が恵にキスをした後、仮面にしか見えないと言った後の展開には驚かされました。

主人公の心境の変化が面白い

アイムホームは木村拓哉さんと上戸彩さんが夫婦を演じた話題作ですが、家路恵と家路久の夫婦愛と二人の間の子供のファミリー愛を感じられる素敵な作品です。 バリバリの会社員でクールで冷徹なイメージが強かった家路久が爆発事故に巻き込まれて記憶を失ってしまい、エリートから転落する姿は今までの木村拓哉さんの役柄的には特殊な構成でそれだけでも観る価値ありです。 記憶を失った家路久は周囲が驚く程に人格が変わり優しさを持つ訳ですが、物語の進行と共に本当の自分が行ってきた冷酷な行為の数々を知っていく時の家路久の表情の変化も好きなポイントです。 また記憶の失い方も特殊で事故前の5年間の記憶を失うという特殊性と家路恵と結婚する前に他に妻と娘が居た事等が丁寧に描かれていく所も観ていてハラハラします。 映像表現として家路久が家路恵と息子の記憶を失っている状況を仮面を付ける事で表現している所も最初は最初は若干違和感を覚えましたが、物語が進むにつれて涙を誘われる演出だと気付き凄いと感じました。 家路久の実の家族との関わり合いも面白く実際にコンビニを営む弟との話もドラマの中で出てきますし、優しくなった家路久が賢明に弟や家族を守る為に奮闘するシーンは感動します。

動画配信サービスでドラマ「アイムホーム」のフル動画が観れる!

「アイムホーム」をPandora、Dailymotionなどの違法動画のアップロード配信で見るのは危険

パンドラ・デイリーモーション・ミオミオといった動画アップロードサイトでもドラマ「アイムホーム」 の動画を無料で見られることはあります。しかし、パンドラ・デイリーモーション・ミオミオといった違法アップロードサイトでは、 低画質、低温室でストレスを感じやすくスマホやPCがウイルス感染する恐れのある広告が表示されることがあるというデメリットがあるため、 違法アップロードでドラマ「アイムホーム」を見るのはおすすめできません。 近頃は韓国のパンドラTVへ違法アップロードをしたとして逮捕された事例も出ていたりと、年々規制や監視は厳しくなってきています。 動画配信サービスを利用して、ドラマ「アイムホーム」のフル動画を高画質で閲覧しましょう。

ドラマ「アイムホーム」のフル動画を無料で見るなら動画配信サービス

木村拓哉、上戸彩、水野美紀、及川光博、西田敏行が出演する2015年公開のアイムホームのフル動画を、 TSUTAYA TVに無料登録すれば、動画配信サービスの無料期間を利用して 高画質で見ることができます。主演の木村拓哉、上戸彩が好きな方や、アイムホームを見ようと思っていたけれど 見逃してしまってまだフルで観ていない方はVOD(動画配信サービス)の無料期間を有効活用しましょう。